株式会社イーワークス様

今回は、勤怠管理・就業管理システムの専門メーカー、株式会社イーワークスでご活躍されている中国ご出身の何(カ)様にお話をお伺いいたしました。

(編集部)何様、本日はどうぞよろしくお願いいたします。

(何様)こちらこそ、どうぞよろしくお願いいたします。

(編集部)まずはじめに、日本留学の経緯を教えていただけますでしょうか?

(何様)私は河北省の出身なのですが、父親が基板関連の工場を経営していたこともあり、学生時代からPCに慣れ親しんでいました。そういった影響もあり、中国の大学では情報処理を専攻していました。卒業後は一度、中国の高校で先生となり、情報処理関連を教えていました。親戚が日本の専門学校で先生をしていたのですが、その方の紹介もあり、日本にある系列の日本語学校に留学することを決めました。日本語には全く触れていない状態でしたが、不思議と不安はなく、ワクワクした気持ちでした。

(編集部)初めての日本での暮らしはいかがでしたか?

(何様)日本では埼玉の志木で暮らし始めました。日本語学校に通いながら、アルバイトもして、徐々に日本語に慣れ親しんでいく毎日でしたね。中国での大学時代に専門分野を学んでいた頃と比較しても、日本語を学ぶことには苦労しました。その後は専門学校に進学して、中国での専攻と同じく情報処理やネットワーク関連を学びました。この頃から徐々にITエンジニアとして日本で働くイメージが固まってきたように思います。余談ですが、日本に来て一番驚いたことは、街がとても綺麗だったことですね。

(編集部)そのまま日本で働くことになったのは、どういった経緯だったのでしょうか?

(何様)卒業後は知人が立ち上げていた技術者派遣会社にお世話になる形で、大手携帯会社のデータセンターにてネットワークエンジニアとして働き始めました。比較的、一人ひとりの持ち場がハッキリしていたため、スキルを活かしながら黙々と働ける環境でしたね。元々、学生時代から論理的思考力が強みだったので、そこに日本語能力をプラスして日本で働くことが出来たのは自らのキャリアにとって非常に大きかったです。そして、ご縁があって今の職場の前身である企業に移り、中国にいる今の妻と結婚しました。

(編集部)現在のe-works様でのお仕事内容を教えていただいてもよろしいでしょうか?

(何様)今の職場では勤怠管理システムのサポートや販売などを担当しています。任されている裁量は大きく、台湾の企業とのやり取りも行っています。これは笑い話なのですが、仕事では日本語の方が主になり、中国語のビジネスメールを書く際には、日本語で書いて自動翻訳を使うこともありますよ。今振り返っても、私の場合には日本固有のコミュニケーションにストレスを感じたり、悩まされたりしたことはそれほどありませんでした。幸いなことに今の職場の上司の方からは、国籍に関わらずビジネスパーソンとしてのプロ意識を学んでいます。

(編集部)日本で活躍するために何様が心掛けていらっしゃることはございますでしょうか?

(何様)もちろん、日本人同士の商談に加わり、お客様の信頼を勝ち取ることは容易ではありません。そのため、日本企業の勤怠管理については誰よりも学びましたし、今ではかなり精通しています。スキルと語学力、そこに日本式の気遣いや機微を察する力が加われば、どんな環境でも柔軟に働くことができるように思います。

(編集部)最後に、これから日本で働くことを目指す留学生の皆さんへ、メッセージをお願いいたします。

(何様)人は人それぞれ、ということを念頭に置いて、ぜひ日本で働いてみてください。皆さんには日本の良いところと母国の良いところを合わせる形で、一人ひとりのコミュニケーションスタイルを確立していってもらえればと思います。

(編集部)何様、本日はお忙しい中、誠にありがとうございました。

【企業情報】
株式会社イーワークス→HPはこちら

「経営者と社員の皆様が安心して働くために」
勤怠管理・就業管理システムの専門メーカー

※販売代理店も募集中です!→詳しくはこちら

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*