日本アジア投資株式会社様

今回は、日本アジア投資株式会社でシニアアソシエイトとしてご活躍されている中国ご出身の易 璐(イ ル)様にお話をお伺いいたしました。イ様は湖南省ご出身で、上海の大学を経て日本へと留学、名古屋大学、一橋大学を経て、現在は日本アジア投資株式会社でご活躍されています。

(編集部)イ様、本日はお忙しいところお時間をいただきまして、誠にありがとうございます。はじめに中国での学生時代のことを教えていただいてもよろしいでしょうか?

(イ様)こちらこそ、どうぞよろしくお願いいたします。私は湖南省出身なのですが、当時は日本のドラマやアニメ、漫画を純粋に楽しんでいました。「SLAM DUNK」「東京ラブストーリー」それから懐かしいものでは「一休さん」も観ていました。そうした影響もあり日本文化への親しみは持っていたのですが、高校時代に母からかけられたある言葉がきっかけとなり、大学で日本語を専攻することを決意しました。母は先生をしていたのですが、「外国語を話すことが出来たら、きっと将来、あなたの役に立ちますよ」今振り返ると、自らのキャリアの軸に日本語を据えることになったのは、この言葉が原点でした。そしてその後、上海の大学へ進学して日本語を専攻することになりました。

(編集部)学生時代はインターンシップなども経験されたのでしょうか?

(イ様)上海の大学で日本語を学ぶ中で、自らの強みを活かすためにはどうすればよいかを意識するようになりました。そして、まずは製造業の大手日系企業でインターンシップを経験しました。当時は、やはりビジネスシーンで日本語を話すことに苦労しましたね。周囲への感謝の伝え方やビジネスシーンでの敬語など、一つひとつ上司の方から教わり、時には怒られながら学んでいきました。

(編集部)イ様はその後、日本の大学へと留学されていますが、その経緯を教えていただけますでしょうか?

(イ様)大学卒業後は、通信サービス関連の大手日系企業へと就職しました。2年間の経験を積んだ後、日本へと留学することを決意し、名古屋大学へ研究生として留学しました。留学した当時は、朝から晩まで勉強に時間を費やしていました。そして半年間の勉強期間を経て、一橋大学の大学院へと進学しました。大学院時代には寮で暮らしていて、同じフロアの様々な国籍の学生と餃子パーティーやたこ焼きパーティーも開催して、とても楽しかったです。また当時は、中国語教室で中国語教師のアルバイトもしていました。

(編集部)日本で働くことを決めたのは、いつ頃のことでしょうか? また、日本で働くことを決心されたきっかけを教えていただけますでしょうか?

(イ様)大学院では地域経済を専攻していたのですが、自らの専攻と語学力を活かせる業界や職種を考えた際、自然と金融業界で働くことを決意しました。今振り返ると、やはり日本にやってきた頃から、日本で働くことを強く意識し始めたように思います。といっても、就職活動はご縁でもあるため、どこからも採用されなければ中国に戻ることも、選択肢の一つにはありました。その中で、ある方を通じて日本アジア投資とのご縁をいただき、1年間のインターンシップを経て、そのまま新卒入社することとなりました。当時はベンチャーキャピタリストの経験があったわけではありませんので、主には中国とのやりとりや翻訳、通訳、資料作成などを担当していました。当時はとにかく一生懸命でしたね。そして入社後、様々なプロジェクトを通じて自社のことをより詳しく把握する中で、自らも投資部門で働きたいと強く感じるようになりました。思いきって上司に相談してみたところ、幸運にもベンチャーキャピタリストとしてのキャリアを歩み始めることが出来たのです。

(編集部)これまでに、日本特有のビジネスコミュニケーションにおいて、戸惑ったり、新鮮に感じたりすることはありましたでしょうか?

(イ様)例えば「いいです」という言葉一つでも、「OK」「NG」どちらとも捉えることが出来ます。そういった日本語のニュアンスに戸惑いを感じることはもちろんありますし、日本語のビジネスメールを書くのは今でも非常に苦労します。同僚のメールを真似しながら、時にはインターネットで検索しながら、会議の議事録も日本語で書いています。ビジネスコミュニケーションに関して私個人がこれまで感じていることは、国籍によってある程度の傾向はあるにせよ、やはり一人ひとりによって、コミュニケーションのスタイルは異なるということです。その中で特に大切なのは、言葉だけでなく、目の前の相手の表情や心情のちょっとした変化を捉えてコミュニケーションを図ることではないでしょうか。そうした日本式の気配りや目配りも、中国出身の私にとって特に戸惑うことはありません。これは余談ですが、飲み会の幹事を務めることもありますよ。個人的に飲み会はとても楽しいですし、中国でのプロジェクトの際には中国のお客様とともに会食でお酒を嗜むこともあります。

(編集部)「日本で働いてよかった」そう感じる瞬間はどのような時でしょうか?

(イ様)これはどの職種にも当てはまると思うのですが、私にしか出来ないことを通じて、お客様や自社、そして世の中の役に立つことが出来た瞬間は非常に嬉しいです。あるプロジェクトが無事に動き出した際、「井戸を掘ったあなたのことを忘れません」という言葉をメールでいただいたことは、今でも忘れられない出来事です。やはり仕事を通じて周囲から自分自身の価値を認めてもらえると、大きなやりがいに繋がります。

(編集部)これからの時代に「多様性」「ダイバーシティ」「異文化ビジネスコミュニケーション」の鍵を握るものは、どういったものでしょうか?

(イ様)私の場合には、ビジネスシーンにおいて日本人の同僚よりも日本語を上手く扱えることはありません。その中で、中国出身の自分だからこそ、例えば、インバウンドのビジネスにおける事業開発へと携わる場合などには、自らの優位性を発揮することが出来るように思います。外国人留学生の皆さんには、ぜひ「包容力」を大切にしていただきたいです。国籍の違いはあるにせよ、一人ひとりの違いや個性を拒絶するのではなく、まずは相手を受け入れることから、良好な関係構築は始まるように思います。気持ち良く働くために、ある程度の「鈍感力」「苦労を苦労と思わない」ことが必要かもしれないですね。

(編集部)最後に、これから「日本で働くこと」を目指す留学生の皆さんにメッセージをお願いいたします。

(イ様)日本で働くにあたって、ぜひ日本国内の素晴らしい文化にも触れていただきたいです。いろいろな人たちと接することで得るものはとても多いですし、それが将来、自分自身の財産にもなっていきます。経営者の方から以前に教わった、今でも私が座右の銘にしている言葉「言ってみる、行ってみる、やってみる、即行動を」こちらを皆さんにも贈りたいと思います。

(編集部)イ様、本日はお忙しい中、本当にありがとうございました。